セミナーを有効活用|文書管理ソフトでオフィス内の無駄なスペースを削減できる!

なぜ企業はISO取得を目指すのか

企業がISO取得を目指すメリットは、作業の標準化が図れ責任所在と権限付与が明確になり、PDCAを回す仕組みが構築できることです。ISOの一つであるISO27001を取得すると、情報セキュリティの分野で第三者から信頼を得られているという証明になります。

セミナーを有効活用

スーツの人達

ISOを取得するために何をすれば良いのか

取得の準備段階として、情報セキュリティーの対象となる資産を洗い出し、それぞれの資産が持つリスクを抽出します。盗難や紛失など想定されるリスクの対応策を立てていき、作業のマニュアル化や運用手順書等に文書化していきます。この仕組みができたら実務運用を開始し、運用結果をもとに内部監査を通じて改善点を拾い上げ、フィードバックを行います。その後二回の審査でISO基準を満たしていることが認められると、晴れてISO27001の取得することができます。

ISO取得をサポートしてくれるサービスもある

ISO27001の取得を円滑に行うための様々なサービスがあります。ISOに関するセミナーの開催や、eラーニングによる自主学習機能の充実化が図られているだけでなく、専門コンサルタントによるISO取得サポートも行っています。ISO規格とは何かの教育や、各会社に見合う方法を提案するだけでなく、現場に立って改善ポイントの洗い出しや、ISO管理責任者の補佐などを通じて、目標期限内での取得を支援しています。

まずは企業の業務を確認することが大切

ISO27001を取得するための大切なポイントは、企業の業務内容を理解し、外部からの様々な脅威に対するリスクを低減させる手立てを考え抜くことです。仕組みを作ることで、社員の意識やモラルの向上につながり、企業力の向上に貢献することが可能です。

広告募集中